第6回 四ツ谷駅・防衛省前アピール(2014.11.4)

henoko 022

大学生も積極的に発言してくれました!

henoko 024

防衛省前でも抗議!そっちがやめるまでやめないぞ!

henoko 030

座った写真がないけどちゃんと座りましたよ〜

11月に入り、定刻の6時半にはすっかり日は落ち、信号が変わるたびに多くの労働者や学生が四ツ谷駅に向かう。

その人たちに今日も「沖縄辺野古新基地建設に反対です!」と言いながらチラシを配った。なかなか反応してくれないが、なかには「それください」と戻ってきてチラシを受け取る若い人もいる。

今回もチラシ配りをやりながらマイクアピールを代わりばんこに行なった。「わたしも学生です。上智大の学生さんや若い労働者に訴えます!」と学生たちも力強くアピールした。

彼らの1人は先日辺野古から帰ってきたばかりで、現地の闘いを目の当たりにし、また現地の住民の話を聞いて、大きなショックを受けたという。やはり百聞は一見に如かずだ。一人でも多くの若い人たちが「辺野古リレー」の存在を知って、実際に辺野古を訪れてくれることを切に願う。

7時20分には市ヶ谷の防衛省前まで移動し抗議活動を行なった。ここでも学生2人のアピールが目を引いた。厳しい社会状況化にもかかわらず学生運動が下火の状況が続く中、こうした学生たちが勇気と誇りをもって果敢に活動する姿を見て、わたしたち自身も励まされる思いだった。

最後は辺野古の座り込みに連帯する意味を込めて、路上に座り込んで激しいシュプレヒコールを行なった。警察や公安の干渉や嫌がらせにも抗議しつつ、第6回目の行動もつつがなく終了した。

行動の後は近くの会議室で打ち合わせ。歌を歌うなど、大衆的なアピールをどう盛り上げるか、議論が続いた。その後は軽く一杯やりながら、現地から帰ったばかりの学生から最新の現地状況を聞く。詳細は後日ご本人が報告を発表してくれると思うが、現地の闘争はいよいよ先鋭化し、アスベスト使用施設解体工事を阻止するなど相手側の攻勢を押し返している状況だという。

現地の闘いはほんとうに頼もしい。現地の闘いに私たちも続こう! 現地の闘いに一人でも多く派遣して、そして沖縄の闘争の全国化を!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中