「バトンをつなごう!辺野古派遣報告会」開催のおしらせ

バトンをつなごう!辺野古派遣報告会

辺野古で出会った人たちと、関東に戻ってからつながって活動してきた辺野古リレーが、初めての報告会を行います!ぜひご参加ください!

<主な内容>
☆辺野古を訪問した仲間からの報告 〜海上の阻止行動と、陸上のキャンプ・シュワブ ゲート前の攻防〜
☆ツイキャスで、辺野古現地と同時中継!

5-sendagaya-new日 時:2015年3月1日(日)
13:15開場 13:30開始

場 所:千駄ヶ谷区民館 会議室1
(渋谷区神宮前1-1-10 原宿駅・明治神宮前駅徒歩10分)

資料代:300円

※チラシはこちら(PDFが開きます)

<主催>辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ

ブログ:https://henokorelay.wordpress.com/
Twitter:https://twitter.com/henokorelay
E-mail:henokorelay★outlook.jp (メールを送られる場合は、★を@にしてください)
※メールアドレスが変わりましたのでご注意ください!

★毎週火曜日の街頭アピール・上映会にもご参加ください!

<状況解説>
辺野古での工事強行に抗議しているカヌーチーム「辺野古ぶるー」に対する、海上保安庁の暴力が止まりません。

カヌーをわざと転覆させ、法的根拠なく拘束した上に、沖合4キロまで連れ去り、そこに放置するという信じられない行為をするまでになってしまいました。「海上保安」の観点から見ても、もはや常軌を逸した暴挙と言わざるをえません。

参考記事:
カヌー転覆させ拘束、沖合に連行…反発強まる辺野古沖(沖縄タイムス2015年2月3日)
<社説>市民を外洋放置 海保は海守る原点に戻れ(琉球新報2015年2月4日)
社説 [辺野古過剰警備] 市民を危険にさらすな(沖縄タイムス2015年2月5日)
カヌー転覆させ拘束、沖合に連行…反発強まる辺野古沖(沖縄タイムス2015年2月3日)

沖縄県民の「新基地はいらない」という民意を平然と踏みにじり、新しい米軍基地建設を強行する安倍政権の姿勢は、まさに民主主義を否定する行為に他なりません。

毎日のように、辺野古の海でも、キャンプシュワブゲート前でも、海上保安庁や機動隊による暴力によって怪我人がでるような状況が続いています。沖縄における「辺野古新基地建設」問題を、関東に住むわたしたち自身の問題であると位置づけながら、安倍政権による歴史的暴挙に抗議します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中