【2016年1月30日〜2月4日】Tさんのすわりこみ日記

ご存知われらのTさんがふたたび辺野古へ!

Tさんのあたらしい報告をまだかまだかとまちかんてぃしていた全国のTさんシンカのみなさまへ、辺野古ゲート前&海上行動の「なま」を伝える不定期連載、「Tさんのすわりこみ日記」の2016年第1弾をお届けします!!


【1月30日 土曜日】「ブロック1200個の盗難事件」

1月30日 工事用ゲート前

1月30日 工事用ゲート前

島ぐるみ那覇バスに乗ってゲート前到着。 工事用ゲート前に詰め置かれていた1,200ものブロックはすでに警察が没収(別の言葉で置き換えると、盗難)され、トラック3台に載せられていた。 再びブロックの積み置きを阻止するため、指揮官車が常駐している。もはや歩道が完全に塞がれてしまった。 ゲート前から出てきたトラックを名護警察署まで追跡。敷地内に降ろされた模様。覆面した名護署の警官は「敷地が狭いからこれ以上、置かれると困るんだよね~」とボヤいていた。 午後、ゲート前集会で辺野古リレーとして挨拶。警視庁を撤退させるため引き続き活動する、2・21国会包囲行動の成功を勝ち取る、など発言した。

 

 

 


【1月31日 日曜日】「インストラクター不合格」

6時、ゲート前集合。 日曜とあって工事車両が進入する気配なし。しかし7時半には、足立、練馬、品川ナンバーなど計4台の機動隊車両がやってきた。 工事用ゲートの道路挟んで向かい側で、監視と集会。即席の椅子を並べたら、突然、警視庁の分隊が現れて妨害を始めた。参加者が抗議すると、スゴスゴ撤収。警視庁だけ独自の判断で動いているように見える。 9時半、浜のテントに行き、カヌー教室に参加。初心者もいれば多少の経験がある人も。親子で参加している人もいて、いつもの海上行動とは違った穏やかモード。私はカヌーのインストラクターを志願すべく、ベテランに教わった。 ところが日頃の不摂生がたたり、最も大事な転覆訓練で手こずってしまった。これではインストラクターは無理だ。

 


【2月1日 月曜日】「勝手に撮るな」

2月1日 大浦湾で監視行動

2月1日 大浦湾で監視行動

7時半、浜のテントに行くが、天候不順でカヌー行動は取りやめに。 抗議船による監視行動を行うとのことだったので、北上田さんが船長の平和丸3号に乗せてもらう。 汀間漁港を出発し、大浦湾から、巨大なコンクリートブロックを積んだ作業船や、ボーリング調査を行っているスパット台船などを監視した。スパット台船の掘削棒は抜かれており、もう調査は終わっている可能性がある。 海上は波が高く、雨も強くなってきたので、1時間ほどで漁港に引き揚げた。そんななか、元都知事候補の宇都宮健児弁護士さんたちが別の船で視察に向かった。 午後は工事用ゲート前へ。座り込み排除の過程で、機動隊の暴力行為を許さず、証拠として残すためビデオ撮影をする。だが、修羅場の撮影は難しい。それどころか、黒いレインコートを着ていたからか、座り込み参加者に警察官と間違えられ、「勝手に撮るな」と抗議されてしまった。

 

 


【2月2日 火曜日】「暴力と嫌がらせの日々」

6時、ゲート前に集合。 工事用ゲートから生コン車2台が出入り。抗議する座り込み参加者は暴力的に排除された。 撤収する機動隊に対し、痛めつけられた人たちが後を追って怒りの声をあげると、逆ギレしてフェンスに身体を押し付けてくる。なかにはエルボーを食らわし、ハンドマイクを顔面に押し付けてくるという、とんでもない者も。被害者は前歯から血を滲ませていた。 また工事用ゲートの反対側のゲートから米軍のパトロール車両が出てきて、機動隊が出動する一幕も。このゲートから出入りする必要はまったくない。抗議活動への嫌がらせだろう。

 


【2月3日 水曜日】「産経新聞の誤算」

2月3日 工事用ゲート前

2月3日 工事用ゲート前

集中行動日。ゲート前には本島中南部を中心に、県外からも300名くらいの参加があった。 ブルーシートの即席テントの設営や、道路の歩行者誘導などを行なう。 水曜は防衛局も工事を避けているらしく、リラックスしたムードで参加者からの発言や歌が続く。アメリカから来た青年も反戦歌を歌った。 産経新聞の報道で、「春まで工事中止」との情報がゲート前にも伝わった。政府は公式発表してないが、「宜野湾選で勝利した政府の余裕」という産経の見出しとは裏腹に、「工事を進められない」ところまで追い詰められたのだ。

 

 

 

 


【2月4日 木曜日】「基地の機能を止めるぞ」

2月4日 第2ゲート前

2月4日 第2ゲート前

警視庁機動隊は東京に帰れ!

警視庁機動隊は東京に帰れ!

ピーポ君も東京に帰れ!

ピーポ君も東京に帰れ!

今日も集中行動日で約400名の参加。那覇から参加した人によると朝4時起床で毎週来ているとのこと。頭が下がる。 工事用ゲート前の集会で、工事の進捗状況に詳しい北上田さんは、「油濁防止膜の設置のため、コンクリートブロックの投下が狙われている」「国道を高架で渡る、工事用仮設道路は、仲井真前知事が認めたもの。井上防衛局長は『ボーリング調査の次は仮設道路』と明言している」等と当面の事態を見据える。産経の報道について「基地建設計画は、出向した国交省の役人があまりにひどいと判断したのでストップさせ、全面中止を求めたのだろう。防衛局はまさに八方塞がりだ」とコメントした。 9時、参加者みんなで第2ゲートに移動。ここは弾薬庫に通じており、毎日弾薬を搭載した米軍車両が出入りしている。高架の仮設道路を作ろうとしているのはその目と鼻の先だ。山城さんは「工事を進めるなら、第2ゲートを封鎖して、基地の機能を止めるぞ!」と気勢を上げた。そして参加者全員で、ゲート前でグルグルデモをした。壮観だ。ゲート内には軍警が焦って10人ほど集まってきた。基地機能を止めてしまえば、米軍は非常に困ることだろう。 昼休み、「テントしんか」の仲間にあいさつして、辺野古を去った。
(終)

 

 


「Tさんのすわりこみ日記」は今後も不定期に登場しますのでお楽しみに!

好評連載中の「Tさんのすわりこみ日記」バックナンバーはこちらでまとめて読んでいただけます!

またTさん日記以外にも、辺野古リレーブログでは「すわりこみ日記」を随時更新しています。こちらも是非ご覧ください!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中