5.21レジスタンス大行動の大報告!

国の暴力を許さない!!! レジスタンス大行動!
2016年5月21日(土) 14:00~16:00
国土交通省・海上保安庁前、警察庁前
賛同団体:80団体
当日参加者:約250人
ライブ閲覧者:1211人、ライブ・録画含む閲覧者合計:1711人(6/9現在)


私たちは、辺野古への警視庁機動隊の派遣と現地での暴力行為、海上保安庁による暴力行為、国土交通省による代執行手続きの強行を、国家機関(公権力)による許しがたい弾圧であると考えます。この日、辺野古新基地建設強行へ加担することをやめさせるため、<国土交通省・海上保安庁前>と<警察庁前>の2か所同時並行で抗議行動をおこないました。

辺野古で行われてきた弾圧に対しては、今後も継続して抗議し続けなければいけない。また、辺野古だけではなく、不当な逮捕や家宅捜索、市民への暴力や監視、過剰警備などの弾圧は日本各地で続発しています。そこで、各地の現場で活動されている方々をお呼びし、公権力による弾圧について話してもらい、弾圧の実態を共有することで、その場に集まった人たちと連帯し抗っていこう、という趣旨で「レジスタンス大行動」を呼びかけました。

この行動に賛同してくださった団体は80にのぼりました。また、さまざまな個人・団体の方々に当日の運営を担っていただきました。出演者の方々のアピールや演奏は素晴らしく、どちらの会場でも盛り上がりました。心よりのお礼を申し上げます。

そして、「レジスタンス大行動」3日前の5月18日。元・アメリカ海兵隊員(元・米軍属)による、うるま市の女性暴行殺害事件が明らかになりました。危険な基地と隣り合わせに生活することを余儀なくされている沖縄の現状、そして、このような悲惨な事件に際してもアメリカに対して徹底的に抗議することができず、日米安保体制の下、あくまで「盟友」であろうとする日本の態度に、あらためて愕然としました。

集会が始まる前に、この事件についての私たちの思いと、被害女性への哀悼の言葉を述べました。そして、あらゆる公権力による暴力に対して抗っていくことを呼びかける「宣言文」を読み上げ、「レジスタンス大行動」を開始しました。


P11101381

新聞紙で作った「鉄柵」をぶっちぎるパフォーマンス!警察は過剰警備やめなさ〜い!

img_89301

「あしびなーず」の皆さんによる演奏でノリノリに♪

元 the yetis 里美さんの澄んだ歌声が響き渡る

元 the yetis 里美さんの澄んだ歌声が響き渡る

P11101451

国交省・海保に向かって「辺野古埋め立てを断念しろ〜!暴力やめろ〜!」とシュプレヒコール ( ´θ`)ノ

国土交通省・海上保安庁前
●集会のようす

国土交通省の建物のなかに、海上保安庁の本庁があります。辺野古の海で日々、基地建設のためのボーリング調査に抗議してきたカヌーチームや船団に対し、「安全確保」と称して暴力的な拘束を繰り広げてきたのが海保職員です。けが人が続出しましたが、誰も責任を取っていません。

まずは、弾圧に抗議する意思表示として、新聞紙を丸めて作った「鉄柵」をみんなで破るというパフォーマンスをおこなって開始!警察庁前の喧騒とは打って変わり、警察の警備もほとんどなく(公安警察は張りついていましたが)、なんだかのんびりほのぼのムード。

「一坪反戦地主会・関東ブロック」の方は、元・米海兵隊員による女性殺害事件を受け、黒装束で彼女を追悼し、静かな怒りをこめたアピールをおこないました。続いて、「立川自衛隊監視テント村」の方が米軍犯罪は本土でも多発したが、沖縄に大部分が移転することにより見えにくくなってきたことを語り、「『高校無償化』からの朝鮮学校排除に反対する連絡会」の方は、反差別の立場からともにたたかおうとよびかけました。

さらに、北陸ツアーからキャラバン中の、「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」の方が、関西でXバンドレーダー基地に反対してきた仲間3人が不当逮捕されたことに抗議。今年2月に辺野古を訪ずれ座り込みに参加した学生グループ「直接行動(Direct Action)」も、連帯を込めてアピールしました。

こうしたアピールの合間にも、「あしびなーず」、元「the yetis」の里美さん、「トッケビアン」などミュージシャンの方々が、沖縄に寄り添う歌を歌い、演奏をしてくれました。さらには、辺野古のゲート前からヤスさん、京都から川口真由美さんがかけつけてくれ、「座り込め、ここへ」を合唱するなど、場は大いに盛り上がりました。

抗議行動が始まった時点では少なかった参加者も徐々に増え、終わりには約100人の方々が国交省正門前に集まり、整然と抗議行動を終了。大半の方々は、坂を下って警察庁側の行動に合流しました。


弁護士の話も聞こうとせず、ひたすら押してくる機動隊

弁護士の話も聞こうとせず、ひたすら押してくる機動隊

警察庁前には機動隊の壁ができました……(税金の無駄)

警察庁前には機動隊の壁ができました……(税金の無駄)

DSCF4625

「あしびなーず」の演奏で一気に雰囲気が変わりました

DSCF4868

「オリンピック追い出しヤメロ応援する有志」の方からの発言!

DSCF5015

「トッケビアン」に皆さんによるプンムルの演奏

DSCF5627

警察庁前に集まって、「弾圧には負けない!」と大レジスタンス中!

DSCF5477

沖縄から駆けつけてくれたヤスさんの力強い歌声で湧き立つ参加者

DSCF5217

警察権力の化身「KC庁POLICE」も現れましたー!!!

警察庁前
●集会前……荒れる警視庁。落ち着け警視庁!

集会前の準備中、警察庁前では警察の過剰警備で大混乱となりました。私たちは、警察に対する抗議の声を上げて、集まった人と思いを共有しようとしていたのですが、警察は慌てて、私たちを規制するコーンを設置し始めました。しかし、私たちは自分たちだけで整然と抗議行動ができるのだから落ち着きなさいと、警視庁機動隊をなだめることに。

私たちと共にたたかおうと参加してくださった弁護士が、「集会の権利」を主張したり、過剰な警備を敷く理由を求めたりましたが、警察はこれを完全に無視し、麹町署警備課の新課長・前田氏は「言うことを聞かなければ排除する」としか繰り返さず、挙句の果てに、私たちに背を向けたまま、呼びかけに答えてもくれませんでした。

一時混乱しましたが、最終的には、私たちを取り囲んだ機動隊に対して、「適当なライン」を指示し、その中には一歩も入れさせず、コーンも設置させずに、警察庁前の場所を確保することができました。辺野古ではもっと苛烈で露骨な暴力が振るわれていたことを考えると腹立たしく、また、警察の横暴な態度と暴力行為が、平然と日常的に行われることこそが問題なのだと改めて認識しました。そんなわけで、集会前から一苦労でした。

●集会のようす
集会は、国土交通省・海上保安庁前の集会と同様に、新聞紙で作った自作の「鉄柵」を参加者と一緒に破り捨てることで、弾圧に抗う意思を示しました。「あしびなーず」が「沖縄を返せ」を演奏してくれたことで、集会は序盤から熱気があふれました。こうなると、警察が介入する余地などありません。

最初に「オリンピック追い出しヤメロ応援する有志」から発言をもらいました。オリンピックのために野宿者が排除される現場の説明と、どんなに当事者が少数だろうと、生きる場を奪われることがいかに不当かが伝えられました。「破防法・組対法に反対する共同行動」からは、公権力の監視や介入の動きが加速・拡大していることが話され、生活の中に徐々に浸透してくる権力による縛りは、私たちに向けられているという訴えでした。

中盤で、「トッケビアン」の演奏が入りました。韓国の伝統的音楽(プンムル)は、賑やかでありながら、沖縄の被害女性の死を悼むようでもあり、集まった人の思いをむすんでくれました。

続いて、沖縄での女性殺害事件の発生で急きょ「レジスタンス大行動」への参加を取りやめ、現地での抗議行動に専念されていた山城博治さんから電話メッセージをもらいました。辺野古現地では米軍を基地から出さない座り込みしていること、また、今後は全基地撤去へ向けた運動が展開するだろうということと、それへの連帯の呼びかけをされました。

辺野古から飛んできてくれたヤスさんからも、沖縄での現状と、座り込みをしている人たちの思いなど詳しいお話を聞き、現地の方々と思いを共有することができたように思いました。

「沖縄・一坪反戦地主会 関東ブロック」からの発言では、東京で沖縄の状況を長い間訴え続けてきた方の、深い怒りに静かに耳を傾けました。「立川自衛隊監視テント村」からの発言では、自衛隊もまた軍隊組織であること、軍隊が内包する危険性が伝えられました。

終盤で、豊岡マッシーさんが被害女性を悼んで、二胡の演奏をしてくれました。マッシーさんは、沖縄の芭蕉布が一本一本の糸をむすんで織られるように、被害に遭われた女性に私たちの思いをつないでいきましょうと、呼びかけました。

集会の最後には、辺野古では恒例の「座り込めここへ」をヤスさんに歌ってもらい、海上保安庁・国交省前での抗議に参加していた方々と一緒に抗議の声を上げて、今後も連帯してあらゆる弾圧に抗っていこう!という呼びかけをして、「レジスタンス大行動」は終了しました。

今回参加してくださった皆さま、賛同してくださった団体のみなさま、インターネットの中継を通じて連帯してくださった皆さま、どうもありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。

今後もまたいろいろな工夫をしながら、皆でつながって、レジスタンスしましょう。そして、関東からも「全基地撤去、日米安保条約破棄」を訴えていきましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中