カテゴリー別アーカイブ: Tさんのすわりこみ日記

【2016年1月30日〜2月4日】Tさんのすわりこみ日記

ご存知われらのTさんがふたたび辺野古へ!

Tさんのあたらしい報告をまだかまだかとまちかんてぃしていた全国のTさんシンカのみなさまへ、辺野古ゲート前&海上行動の「なま」を伝える不定期連載、「Tさんのすわりこみ日記」の2016年第1弾をお届けします!!

続きを読む

広告

【11月14日〜11月16日】Tさんのすわりこみ日記

あのTさんがまたまた辺野古へ!

われらがTさんの報告をまちかんてぃしていた全国のみなさまへ、Tさんのすわりこみ日記をお届けします!!


01シールズの集会

シールズの集会

02ジュゴン神社

ジュゴン神社

03テント496日目

テント496日目

04右翼の街宣車

右翼の街宣車

【11月14日】

10:00、那覇・県庁前出発の島ぐるみバスに乗る。

11:00、ゲート前テントに到着。

「テントしんか」(ゲート前テントの実動的な人々)から、警視庁機動隊が着任してすぐ、格段に暴力をエスカレートさせてきた実例をいくつか聞く。殴る、蹴る、引き倒す。ツイキャス中継者を連行し暴行を働く。お年寄りも容赦しない。「ブタを一匹確保」と信じがたい暴言も吐く。沖縄県警が紳士的に思えてくるほどだ。

13:00、学生団体「シールズ琉球」主催の集会が始まる。学生数人がスピーチ。来年1月の宜野湾市長選に立候補した志村恵一郎氏、夏の参院選に立候補した伊波洋一氏も相次いで登壇。志村氏、シールズ風のコールで「沖縄、なめんな」と言うべきところを、「民主主義をなめるな」と言って一同爆笑。

それにしてもシールズがゲート前に来る、というだけで、テレビ局などマスコミ各社が取り囲んだほか、「島ぐるみバス」にもシールズ目当てに来たという人がけっこういた。土曜にしては珍しく300人の結集なのもそのせいか。

集会中は右翼団体「大日本忠仁会」の街頭宣伝車が何回も往復してやかましかった。

夕方6時半、ゲート前で地元の家族連れの方々が、キャンドルを手にもって、通行する車両に向けて「辺野古の海を守ろう」と訴えていたので、少しだけ合流させてもらった。かれこれ11年、毎週土曜夕方に行っているそうだ。頭が下がる。

いまテントでは、警視庁機動隊への警戒を強めている。とくに何人かの悪質な要注意人物を特定して、徹底糾弾することも考えられている。夕方、品川ナンバー、練馬ナンバーの装甲車が、カヌチャリゾートに去っていくのを見て、こんな連中を東京から送り出してしまった責任を痛感する。

 

 

 

 

 


勝つまでずっと諦めぬこと

勝つまでずっと諦めぬこと

朝のゲート前

朝のゲート前

抵抗は友を呼ぶ!

抵抗は友を呼ぶ!

クリスマスではないです

クリスマスではないです

【11月15日】

日曜日だが、工事車両の侵入を警戒し、早朝の監視行動はいつも通り。

工事車両は結局、入らなかったものの、県警と警視庁合わせて6台の装甲車がメインゲートに入って行った。いつでもこちらを弾圧できる体制だ。

午後、例によって右翼団体の街宣車がやかましく往来する。しかしこちらも負けておらず、ある集会参加者が大音量で「ウチナーの怒りをぶちまけろ〜!!」などと激しい歌声で圧倒した。これは大げさな表現ではないと言っておきます。

集会が終わるとテントの補足作業に精を出した。

夜、辺野古の集落にある某飲食店で仲間と飲む。ビリヤード台やダーツがあるこの店の歴史は古く、半世紀。今でも週末はキャンプシュワブの海兵隊員がくつろぐそうだ。ホステスさんに、興味深い話を聞いた。

毎朝早いので、極めて抑制的に飲んで帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


01カヌーの仲間を不当拘束

カヌーの仲間を不当拘束

02スパット台船

スパット台船

03フロートの下を泳いでいる魚

フロートの下を泳いでいる魚

04機動隊は暴力やめろ

機動隊は暴力やめろ

05空になったカヌー

空になったカヌー

06工事用ゲート前で座り込み

工事用ゲート前で座り込み

07排除される側から撮りました

排除される側から撮りました

【11月16日】

朝6時台、工事車両の進入を阻止するため、地元のおばあを先頭に座り込みを開始。

警視庁機動隊らによる暴力を許さないため、特に暴力的な隊員の顔写真が集約され、「要注意人物」として警戒された。

私も座り込み、やがて排除されたが、運び出されるときに相手に「警視庁か」と聞くと、「県警です」との答え。道理で、思ったより乱暴ではなかった。

しかしいずれにしろ、すべての人が排除され、また工事車両がキャンプシュワブ内に入ってしまった。やはり先週の水曜日くらいの人が集まらないと、機動隊を押し返すのは難しい。

なんとか海上行動のミーティングに間に合い、久々にカヌーチーム「辺野古ぶるー」に参加。昨日、3つめのスパット台船が設置されたのだが、そのうちふたつは、辺野古崎付近でフロート越しでもかなり近く感じられる距離にあった。

午前と午後、海上保安庁のゴムボートを振り切り、フロートを超えてなんとか台船に迫って、作業員に中止を求めようとしたが、いずれもフロートを超えたところで拘束されてしまった。

(つづく)

【9月22日〜9月27日】Tさんのすわりこみ日記

あのTさんが帰ってきた!(ってどこに)

再び辺野古へ行ってきた我らがTさんから報告が来てました。うっかり更新をしそびれていましたが、満を持して投稿です!!


0922仲間の逮捕に猛抗議

9月22日 仲間の逮捕に猛抗議!!

0923ゲート前のむしろ旗

9月23日 ゲート前のむしろ旗!

0923フロートを点検する作業員

9月23日 フロートを点検する作業員

0924辺野古崎の魚たち

9月24日 辺野古崎の魚たち

0924名護警察署に抗議

9月24日 名護警察署に抗議

0925海兵隊は出て行け

9月25日 全基地閉鎖!海兵隊は出て行け!

0926装甲車の下に有刺鉄線

9月26日 機動隊の装甲車の下に有刺鉄線が!許せぬ!

0926乱闘服の警官たち

9月26日 乱闘服の警官たち

【9月22日】
6時、ゲート前に集合。打ち合わせ後、工事車両搬入阻止行動へ。海外の仲間が不当逮捕。

14時半、名護警察署に移動。「平和の海 国際交流キャンプ in 沖縄」に参加していた他の韓国や台湾などの人々とともに声を上げる。糸数慶子議員らが応援にかけつけた。

17時ごろまで「フリー・マイ・フレンド!仲間を返せ」と抗議行動を展開。

19時ごろ、瀬嵩の浜で開かれていた「満月祭り」に参加。

【9月23日】
6時からのゲート前行動に少し参加した後、7時からテント2に集合。カヌーチームに加わる。

16艇が出艇し、これとは別にカヌー教室にも4人ほどが参加。辺野古崎を通り船に曳航してもらい、大浦湾へ。

和船がフロートの点検作業をしているのを監視。時折、沖縄防衛局の船が来て「臨時制限区域に侵入している」と警告してきたり、「これは普天間の代替施設だ」「戦争を起こさないためだ」等と論争を吹っかけてきた。

平島で昼食をとり、休憩。午後は、フロート点検以外の作業はなさそうだと判断し、撤収。

名護警察署に行き、10日間の勾留延長が付いたことを知る。警察署前で抗議行動を続ける。

また、9.16国会前弾圧で逮捕された辺野古リレーの仲間に対する激励のメッセージを書いてもらう。

【9月24日】
7時、テント2でカヌーチームミーティング。12艇で出艇。辺野古崎で監視行動を行う。しかし10時ごろ、天候不順により撤収。台風が近づいており、台船も入る気配はなかった。

午後、名護警察署へ。逮捕された方のお連れ合いが自らマイクを握ってアピールした。弁護士とともに面会に行くご家族を激励しながら、県警への抗議行動を続ける。

夕方、ゲート前テントに戻り、ミーティングに参加。

【9月25日】
6時、ゲート前でミーティング。韓国と台湾の仲間が辺野古を去るにあたって挨拶。

工事用ゲート前でシットイン。私は、4人の機動隊に両手両足を掴まれて排除された。正門前に移動。米軍車両に対しても「マリーンズ・アウト・オブ・オキナワ!」と抗議。

休憩していた9時過ぎ、作業員を乗せた14台の車両に入られてしまった。裏をかかれた。

10時、名護警察署へ。「普天間基地・野嵩ゲート前でゴスペルを歌う会」が「ウイーシャル・オーバーカム」などを歌って当該を激励。

午後、羽地内海へ行き、2隻の作業台船が停泊しているのを確認。夜のゲート前ミーティングで、9.16国会前弾圧の6人が解放されたことを報告。

【9月26日】
6時、ゲート前でミーティング。

工事用ゲート前で座り込みを開始。Yさんが「安保、廃棄!沖縄、返せ!」と音頭を取りつつ、歌を歌いながら今日こそ作業車両を止めると決意。

ある参加者の発言「翁長知事の埋め立て承認取り消しが迫る。我々が有利になればなるほど、弾圧は厳しくなる」。

工事車両が突如迫り、ゲート前からも応援に駆け付けるが、いちはやく機動隊が歩道のみならず車道も含めて封鎖。座り込みを次々と排除して工事車両を通した。

座り込みをしていた年配の参加者が、機動隊に排除される過程で、意識を失った。すると機動隊は「規制線」の外の車道に彼を放置。救急搬送される事態となった。

10時半、名護警察署へ。抗議活動をおこなう。「朝露」など韓国の民衆歌が歌われた。

ゲート前に戻ると、台風対策でテントを骨組だけ残して撤収する作業が始まっていた。屋根を外し、荷物をトラックに積み込む。

そして深夜、不審な動きがないか交代で警戒する。

【9月27日】
テントが撤収され、今後の激闘も予想されることから、丸一日、ゲート前行動は休み。海上行動も同様。

【6月4日】Tさんのすわりこみ日記

1早朝の第2ゲート

早朝の第2ゲート

2機動隊が不当拘束中

機動隊が不当拘束中

3機動隊の横暴に抗議中

機動隊の横暴に抗議中

4参加者を犯罪者呼ばわりする機動隊指揮者

参加者を犯罪者呼ばわりする機動隊指揮者

5いつも元気な田港のおじい

いつも元気な田港のおじい

6沖縄からすべての米軍基地撤去!

沖縄からすべての米軍基地撤去!

「6月4日」の巻

早朝の警戒行動は30人ほどが参加。機動隊の対応がひどい。ただ車道を歩いてるだけの人を取り囲み、フェンスに押さえつけたりする。もちろん、法的根拠などない。

さらに、ある機動隊の指揮官が抗議行動参加者を「犯罪者」と連呼した。参加者の怒りが爆発。機動隊が基地内に戻った後も「暴言を許さん。出てきて釈明しろ」と迫った。

昼、参加者は瀬嵩の浜に向かい、辺野古ぶるーを応援した。海保がまたしても仲間を暴行したようだ。私はテント受付でしっかり留守番。

森の映画社制作のDVD「速報 辺野古のたたかい」の最新版が出た。抗議船転覆や県民大会の模様を収録している。島ぐるみバスの人々が買っていった。

本日は辺野古滞在も最終日。到着したリレーの仲間とバトンタッチして、島ぐるみバスで那覇まで乗せてもらった。

 

 


「Tさんのすわりこみ日記」の第2弾となる1週間の現地報告、いかがでしたでしょうか。今後もこのブログではTさんのすわりこみ日記をはじめとして、現地に行かれた方々の報告を掲載していきます。

またTwitterでも現在@henokorelayにてリアルタイムな現地の様子が報告されていますので、こちらも併せてご覧ください。

辺野古リレーの取り組みは沖縄から全基地が撤去される日まで続きます。みなさま、共に声をあげていきましょう!

【6月3日】Tさんのすわりこみ日記

1資材用ゲート前で座り込み開始

資材用ゲート前で座り込み開始

2「座り込め、ここへ」を歌う

「座り込め、ここへ」を歌う

3ごぼう抜きが始まった

ごぼう抜きが始まった

4瀬嵩の浜で辺野古ぶるーを激励

瀬嵩の浜で辺野古ぶるーを激励

「6月3日」の巻

早朝、ゲート前へ。今朝は200人かそれ以上の方々が結集した。資材用ゲートに座り込むが、いつもと違ってそう簡単に排除できる人数ではない。YASUさんの音頭で「座り込め、ここへ」を歌いながら座り込みを開始。

やがて警察官のごぼう抜きがはじまった。寝転んだら両腕、両足を掴まれて排除された。先日、カヌーを急速に漕いだためか上腕筋が痛かったのを、機動隊に荒々しく掴まれたため、激痛になってしまった。さらに、強烈な日差しの下、県警の諸君とおしくら饅頭をしたので汗が噴出し、頭がクラクラした。無理はするものではない。あとペットボトルを持参したほうがよい。

その後、工事車両は入ってしまったが、30分以上、入るのを遅らせることができた。つまり、それだけ基地建設が遅れたということだ。

昼、ゲート前のみなさんとともに瀬嵩の浜へ。ちょうど、海保に拘束されていた辺野古ぶるーの仲間が浜へ戻ってきた。今度はこっちから激励してみる。妙な気分である。

【6月2日】Tさんのすわりこみ日記

1ビデオカメラも設置された第2ゲート

ビデオカメラも設置された第2ゲート

2フロート越しに台船をにらむ

フロート越しに台船をにらむ

3抗議船とともにシュプレヒコール

抗議船とともにシュプレヒコール

4ゲート前から激励に駆けつけた方々

ゲート前から激励に駆けつけた方々

「6月2日」の巻

カヌーチーム「辺野古ぶるー」は全員、瀬嵩の浜へ。

地声で抗議した後、一斉にフロート越えを試みた。大型フロートがひとつ、小型フロートが2つの計3つを越えなければならない。しかしフロートの間にカヌーが挟まってしまった。仕方なく泳いで台船まで行くぞ!と最後のフロートを越えた途端、海保に拘束されてしまった。

浜に戻ると、「島ぐるみ会議」のみなさんが大挙して激励に。「辺野古ぶるー、がんばれ!ゲート前が付いてるぞ」との声援に感動する。ありがたいことである。

昼休みの後、もう一度スパット台船に近づいたら、なんと小型フロートが増えて計4つになっていた。姑息だが、防衛局もよほどあせっているらしい。