月別アーカイブ: 2015年1月

P10405601

2月、寒いけどやります! 辺野古リレー 抗議アピール

辺野古リレー ~辺野古のたたかいを全国へ
新宿・渋谷アピールと上映にご参加ください!

<ねらい>
★日米政府による沖縄・辺野古の新基地建設を今すぐやめさせること。
★メディアが伝えない辺野古の暴力工事の実態と、現地の人々の闘いを広く伝えること。
★沖縄に基地を押し付け、集団的自衛権で他国に侵略戦争をする安倍政権に反対すること。

とうとう、ひとつ20トンもある巨大なコンクリートブロックが、沖縄防衛局によって辺野古の海に沈められてしまいました。
参考:辺野古で海上作業進む(QAB琉球朝日放送2015年1月29日11時45分)

沖縄県民の「新基地はいらない」という民意を平然と踏みにじり、新しい米軍基地建設を強行する安倍政権の姿勢は、まさに民主主義を否定する行為に他なりません。

毎日のように、辺野古の海でも、キャンプシュワブゲート前でも、海上保安庁や機動隊による暴力によって怪我人がでるような状況が続いています。沖縄における「辺野古新基地建設」問題を、関東に住むわたしたち自身の問題であると位置づけながら、安倍政権による歴史的暴挙に抗議します。

<アクション予定>
◎新宿駅西口アピール・上映
日時:
2015年2月3日(火)18時30分ごろ〜20時
場所:新宿駅西口 小田急前

※今後も、毎週火曜日に、新宿駅西口か渋谷ハチ公前広場にてアピールを続けていきます!開始時間や場所については、決まり次第、当ブログと Twitter にて告知いたします。

辺野古リレー中継(ツイキャス) http://twitcasting.tv/chikapin1
当日、都合がつかず現地まで来られないという方は、上記のリンクから中継動画を配信しますのでご覧ください。多くの方に視聴してもらうことは、参加者を弾圧の危険から守ることにもつながります。

<主催>辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ
ブログ:https://henokorelay.wordpress.com/
Twitter:https://twitter.com/henokorelay
E-mail:henokorelay★gmail.com (メールを送られる場合は、★を@にしてください)

<呼びかけ>
日本政府と防衛省は、2014年11月の沖縄県知事選で「基地はいらない」という民意がこれ以上ないほど示された直後に、辺野古新基地建設を再開しました。

から座り込みの県民がいない夜間を狙って資材を搬入し、陸では機動隊、海では海上保安庁が再び県民排除に出てきました。海でも陸でも暴行による怪我人が続出し、85歳の女性まで救急搬送されました。まさに民衆の抵抗が高まるほど暴力で押しつぶす自民党政権の本質、そして沖縄差別があらわになっています。

これは沖縄の人々の力強い抵抗の結果です。「オール沖縄」の選挙体制で基地反対候補が圧勝し、県内二紙が連日反対運動を大きく報じる社会状況。

7月から世界最強の米軍のキャンプシュワブのゲート前で座り込みテントを続ける力。毎日カヌー隊が海上に繰り出し、自らの身体と創意工夫で基地建設を止め続けている力。そして「もし埋め立てを始めたら米軍基地の入り口を全て封鎖する!」と宣言し、入り口や車道の真ん中に果敢に座り込み、埋め立てを中断させたのです。これは日本中が知るべき歴史的なたたかいです。

しかし全国では政府の暴力と県民のたたかいの両方がほとんど報道されず、県知事選の勝利をかき消すように解散総選挙となりました。これは明らかにおかしい!今の沖縄を知らせない事が政権の戦略としか思えません。

昨年12月の衆議院選挙では、沖縄の陸と海で政府が振るう暴力が広く知られ、日本の戦争政策の最先端である辺野古新基地建設の是非こそが全国で争点にされるべきでした。そして沖縄では与党候補が全敗し、基地反対の民意がまたも明確に示されました。与党が勝利した東京や全国とはまさに対照的です。

問われているのは私たちがどう考え何をするかであり、東京で安倍政権に辺野古新基地反対を訴えながら、東京と全国の状況を変え、集団的自衛権による戦争も止めるために行動する時です。そう、今こそ「辺野古のたたかいを全国へ」。ぜひお集まりください!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
以下の行動のチラシ配りや参加呼びかけもやります!当日もご参加ください。

◎沖縄・辺野古「圧殺の海」上映会&報告会 in 三鷹
「戦争を許さない戦い」の最前線、沖縄・辺野古の新基地建設現場での海上の戦いを収めた記録映画、『圧殺の海』の上映会です。いまの日本では報道されることのない、衝撃的な映像が収められています。報告会では、国際基督教大学3年生の元山仁士郎さんに、いまの沖縄についてお話を聞きます。

日時:1月31日(土)午後の部 13:30
場所:三鷹市 消費者活動センター(三鷹駅南口徒歩4分)

日時:1月31日(土)夜の部 18:00
場所:三鷹市 市民協働センター(三鷹駅南口徒歩10分)

詳細:http://www.labornetjp.org/EventItem/1420549950943staff01

P1040214

27日は新宿西口へ! 辺野古リレー 抗議アピール

※ゲート前に座り込む市民を暴力的に排除する機動隊の写真が、渋谷の街に映し出されました(2015年1月20日、渋谷ハチ公前広場で行われた辺野古リレーの街頭アピールにて撮影)

辺野古リレー ~辺野古のたたかいを全国へ
新宿・渋谷アピールと上映にご参加ください!

<ねらい>
★日米政府による沖縄・辺野古の新基地建設を今すぐやめさせること。
★メディアが伝えない辺野古の暴力工事の実態と、現地の人々の闘いを広く伝えること。
★沖縄に基地を押し付け、集団的自衛権で他国に侵略戦争をする安倍政権に反対すること。

1月10日から11日にかけての深夜の重機搬入に続いて、沖縄防衛局は再度、1月14日から15日にかけて、辺野古のキャンプシュワブゲートから資材搬入を強行しました。搬入を阻止しようと集まった市民は、防衛局が設置した“殺人鉄板”の上に命がけで座り込みましたが、機動隊がこれを暴力的に排除しました。明け方には、機動隊に倒された80代の女性が“殺人鉄板”に頭を打ち付け怪我を負うなど、日をおうごとに事態は緊迫の度を増しています。

また、海を埋め立てさせてはならないとカヌーを漕ぎ出した人々に対しては、海上保安庁が法的根拠もなく次々と拘束し、ここでも市民に肋骨を骨折させるなどきわめて重大な暴力行為を行っています。
参考記事:防衛局が辺野古沖に浮具再設置 海保が16日拘束の男性骨折(2015年1月18日、琉球新報)

沖縄の市民が、選挙という民主的な手続きによって「これ以上の新しい基地はいらない」とはっきり民意を示した直後の日本政府による暴挙を、私たちは絶対に許しません。この沖縄における「辺野古新基地建設」問題を、関東に住むわたしたち自身の問題であると位置づけながら、日本政府による歴史的暴挙に抗議します。

<アクション予定>
◎新宿駅西口アピール・上映
日時:
2015年1月27日(火)18時30分ごろ〜20時
場所:新宿駅西口 小田急前

※2月以降も、毎週火曜日に、新宿駅西口か防衛省前にてアピールを続けていきます!開始時間や場所については、決まり次第、当ブログと Twitter にて告知いたします。

辺野古リレー中継(ツイキャス) http://twitcasting.tv/chikapin1
当日、都合がつかず現地まで来られないという方は、上記のリンクから中継動画を配信しますのでご覧ください。多くの方に視聴してもらうことは、参加者を弾圧の危険から守ることにもつながります。

<主催>辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ
ブログ:https://henokorelay.wordpress.com/
Twitter:https://twitter.com/henokorelay
E-mail:henokorelay★gmail.com (メールを送られる場合は、★を@にしてください)

<呼びかけ>
日本政府と防衛省は、2014年11月の沖縄県知事選で「基地はいらない」という民意がこれ以上ないほど示された直後に、辺野古新基地建設を再開しました。

から座り込みの県民がいない夜間を狙って資材を搬入し、陸では機動隊、海では海上保安庁が再び県民排除に出てきました。海でも陸でも暴行による怪我人が続出し、85歳の女性まで救急搬送されました。まさに民衆の抵抗が高まるほど暴力で押しつぶす自民党政権の本質、そして沖縄差別があらわになっています。

これは沖縄の人々の力強い抵抗の結果です。「オール沖縄」の選挙体制で基地反対候補が圧勝し、県内二紙が連日反対運動を大きく報じる社会状況。

7月から世界最強の米軍のキャンプシュワブのゲート前で座り込みテントを続ける力。毎日カヌー隊が海上に繰り出し、自らの身体と創意工夫で基地建設を止め続けている力。そして「もし埋め立てを始めたら米軍基地の入り口を全て封鎖する!」と宣言し、入り口や車道の真ん中に果敢に座り込み、埋め立てを中断させたのです。これは日本中が知るべき歴史的なたたかいです。

しかし全国では政府の暴力と県民のたたかいの両方がほとんど報道されず、県知事選の勝利をかき消すように解散総選挙となりました。これは明らかにおかしい!今の沖縄を知らせない事が政権の戦略としか思えません。

昨年12月の衆議院選挙では、沖縄の陸と海で政府が振るう暴力が広く知られ、日本の戦争政策の最先端である辺野古新基地建設の是非こそが全国で争点にされるべきでした。そして沖縄では与党候補が全敗し、基地反対の民意がまたも明確に示されました。与党が勝利した東京や全国とはまさに対照的です。

政府は沖縄の民意を全て無視して1月中旬にも基地建設工事を再開しようとしています。問われているのは私たちがどう考え何をするかであり、東京で安倍政権に辺野古新基地反対を訴えながら、東京と全国の状況を変え、集団的自衛権による戦争も止めるために行動する時です。そう、今こそ「辺野古のたたかいを全国へ」。ぜひお集まりください!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
以下の行動のチラシ配りや参加呼びかけもやります!当日もご参加ください。

◎1.25 国会包囲ヒューマンチェーン
沖縄の民意を無視するな! 辺野古に基地はつくらせない!

日時:1月25日(日)14:00 リレートーク 15:00 ヒューマンチェーン
※終了見込み時刻は15:30です。
場所:国会周辺(国会正門向かいの通りから集まり、国会包囲を目指します)
詳細:http://noosprey.xxxxxxxx.jp/index.html

◎沖縄・辺野古「圧殺の海」上映会&報告会 in 三鷹
「戦争を許さない戦い」の最前線、沖縄・辺野古の新基地建設現場での海上の戦いを収めた記録映画、『圧殺の海』の上映会です。いまの日本では報道されることのない、衝撃的な映像が収められています。報告会では、国際基督教大学3年生の元山仁士郎さんに、いまの沖縄についてお話を聞きます。

日時:1月31日(土)午後の部 13:30
場所:三鷹市 消費者活動センター(三鷹駅南口徒歩4分)

日時:1月31日(土)夜の部 18:00
場所:三鷹市 市民協働センター(三鷹駅南口徒歩10分)

詳細:http://www.labornetjp.org/EventItem/1420549950943staff01

1.25omote

今日は国会を「青」で包囲するぞ〜!

本日、1月25日(日)14:00から1.25 国会包囲ヒューマンチェーン 沖縄の民意を無視するな!辺野古に新基地はつくらせない!が行われます。辺野古リレーも、一呼びかけ団体として参加します!シンボルカラーは「」です!い服、い布、何でもいいので美しい海のい色で国会を囲みましょう。

また、辺野古リレーでは、ヒューマンチェーン終了後に、「辺野古基地工事と暴力止めよう!連続アクション」を行います!!「国会包囲ヒューマンチェーン」終了後、16:00に海上保安庁前にお越しください。この間の国の工事強行、市民に振るわれ続けている暴力に対し、一緒に抗議に行きましょう!26日以降も連続抗議行動がありますので、ぜひご参加ください。


辺野古の工事と暴力を止めよう!
〜1.25-26:官邸・海保・警察庁への直接抗議行動にご参加を~

国会開会日が迫る中、安倍政権の沖縄での暴力が凄まじい事になっています。

何度選挙で民意が示されても、すべて無視して基地工事を再開、東京で知事を排除。

海上工事では、海上保安庁が抗議カヌーメンバーの肋骨を殴打して骨折させる、打撲させる、カメラを全て奪い取る、ライフジャケットを引き裂いて海に叩き落とす、などの「対テロ戦争」のような殺人レベルの蛮行を毎日行っています。

地上のゲート前では、先週から2名の女性が機動隊に押し倒され、一時意識を失い、病院に運ばれました。今日は機動隊に指を捻じ曲げられ、指の腱を切られ、装具固定で回復まで1カ月もかかります。毎日、負傷者が出ています。

まさに異常事態です。本当に死者が出ます。何としてもやめさせなければなりません。全て命令をしているのは東京の中央官庁です。

私達「辺野古リレー」は、このかん関東から現地に行きこの事態をつぶさに体験してきました。
そこで、緊急抗議行動を企画しました。

★1月25日(日)は、14:00から「辺野古に基地は作らせない!国会包囲ヒューマンチェーン」です。その後、16:00から海上保安庁・警察庁抗議に行きます。

★1月26日(月)は、「通常国会開会日、安倍政権の暴走に反対する1・26国会前行動」が18:30から衆院第二議員会館前で行われます。
http://kyujokowasuna.com/
そこをお手伝い・参加してから、20:00~首相官邸前で安倍首相に工事と暴力の停止を要求します。

★1月27日(火)からは、毎週火曜18:30から都内で連続街頭アピールです。

どうか、多くのご参加をお願いします!

辺野古基地工事と暴力止めよう!連続アクション
★1月25日(日)16:00~ 霞ヶ関の海上保安庁前集合・抗議→警察庁前→外務省前抗議(国会包囲終了後、徒歩で)
★1月26日(月)20:00~ 首相官邸前抗議(『総がかり行動』参加後)
★1月27日(火)18:30~ 新宿西口小田急前アピール
★2月2日(火)18:30~ 新宿西口小田急前アピール

よびかけ:辺野古リレー~辺野古のたたかいを全国へ
https://henokorelay.wordpress.com/

B7WPLE4CIAA2SyW.jpg-large

20日は初の渋谷で! 辺野古リレー抗議アピールきてね!

※上の写真は、2015年1月15日の朝、辺野古キャンプシュワブゲート前の道路で座り込む市民

辺野古リレー ~辺野古のたたかいを全国へ
新宿・渋谷アピールと上映にご参加ください!

<ねらい>
★日米政府による沖縄・辺野古の新基地建設を今すぐやめさせること。
★メディアが伝えない辺野古の暴力工事の実態と、現地の人々の闘いを広く伝えること。
★沖縄に基地を押し付け、集団的自衛権で他国に侵略戦争をする安倍政権に反対すること。

1月10日から11日にかけての深夜の重機搬入に続いて、沖縄防衛局は再度、1月14日から15日にかけて、辺野古のキャンプシュワブゲートから資材搬入を強行しました。搬入を阻止しようと集まった市民は、防衛局が設置した“殺人鉄板”の上に命がけで座り込みましたが、機動隊がこれを暴力的に排除しました。明け方には、機動隊に倒された80代の女性が“殺人鉄板”に頭を打ち付け怪我を負うなど、日をおうごとに事態は緊迫の度を増しています。

また、海を埋め立てさせてはならないとカヌーを漕ぎ出した人々に対しては、海上保安庁が法的根拠もなく次々と拘束し、ここでも市民に肋骨を骨折させるなどきわめて重大な暴力行為を行っています。
参考記事:防衛局が辺野古沖に浮具再設置 海保が16日拘束の男性骨折(2015年1月18日、琉球新報)

沖縄の市民が、選挙という民主的な手続きによって「これ以上の新しい基地はいらない」とはっきり民意を示した直後の日本政府による暴挙を、私たちは絶対に許しません。この沖縄における「辺野古新基地建設」問題を、関東に住むわたしたち自身の問題であると位置づけながら、日本政府による歴史的暴挙に抗議します。

<アクション予定>
◎渋谷駅ハチ公前広場アピール・上映
日時:
2015年1月20日(火)18時30分〜20時
場所:渋谷駅 ハチ公前広場

◎新宿駅西口アピール・上映
日時:
2015年1月27日(火)18時30分〜20時
場所:新宿駅西口 小田急前

※2月以降も、毎週火曜日に、新宿駅西口か防衛省前にてアピールを続けていきます!開始時間や場所については、決まり次第、当ブログと Twitter にて告知いたします。

辺野古リレー中継(ツイキャス) http://twitcasting.tv/chikapin1
当日、都合がつかず現地まで来られないという方は、上記のリンクから中継動画を配信しますのでご覧ください。多くの方に視聴してもらうことは、参加者を弾圧の危険から守ることにもつながります。

<主催>辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ
ブログ:https://henokorelay.wordpress.com/
Twitter:https://twitter.com/henokorelay
E-mail:henokorelay★gmail.com (メールを送られる場合は、★を@にしてください)

<呼びかけ>
日本政府と防衛省は、2014年11月の沖縄県知事選で「基地はいらない」という民意がこれ以上ないほど示された直後に、辺野古新基地建設を再開しました。

から座り込みの県民がいない夜間を狙って資材を搬入し、陸では機動隊、海では海上保安庁が再び県民排除に出てきました。海でも陸でも暴行による怪我人が続出し、85歳の女性まで救急搬送されました。まさに民衆の抵抗が高まるほど暴力で押しつぶす自民党政権の本質、そして沖縄差別があらわになっています。

これは沖縄の人々の力強い抵抗の結果です。「オール沖縄」の選挙体制で基地反対候補が圧勝し、県内二紙が連日反対運動を大きく報じる社会状況。

7月から世界最強の米軍のキャンプシュワブのゲート前で座り込みテントを続ける力。毎日カヌー隊が海上に繰り出し、自らの身体と創意工夫で基地建設を止め続けている力。そして「もし埋め立てを始めたら米軍基地の入り口を全て封鎖する!」と宣言し、入り口や車道の真ん中に果敢に座り込み、埋め立てを中断させたのです。これは日本中が知るべき歴史的なたたかいです。

しかし全国では政府の暴力と県民のたたかいの両方がほとんど報道されず、県知事選の勝利をかき消すように解散総選挙となりました。これは明らかにおかしい!今の沖縄を知らせない事が政権の戦略としか思えません。

昨年12月の衆議院選挙では、沖縄の陸と海で政府が振るう暴力が広く知られ、日本の戦争政策の最先端である辺野古新基地建設の是非こそが全国で争点にされるべきでした。そして沖縄では与党候補が全敗し、基地反対の民意がまたも明確に示されました。与党が勝利した東京や全国とはまさに対照的です。

政府は沖縄の民意を全て無視して1月中旬にも基地建設工事を再開しようとしています。問われているのは私たちがどう考え何をするかであり、東京で安倍政権に辺野古新基地反対を訴えながら、東京と全国の状況を変え、集団的自衛権による戦争も止めるために行動する時です。そう、今こそ「辺野古のたたかいを全国へ」。ぜひお集まりください!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
以下の行動のチラシ配りや参加呼びかけもやります!当日もご参加ください。

◎1.25 国会包囲ヒューマンチェーン
沖縄の民意を無視するな! 辺野古に基地はつくらせない!

日時:1月25日(日)14:00 リレートーク 15:00 ヒューマンチェーン
※終了見込み時刻は15:30です。
場所:国会周辺(国会正門向かいの通りから集まり、国会包囲を目指します)
詳細:http://noosprey.xxxxxxxx.jp/index.html

◎沖縄・辺野古「圧殺の海」上映会&報告会 in 三鷹
「戦争を許さない戦い」の最前線、沖縄・辺野古の新基地建設現場での海上の戦いを収めた記録映画、『圧殺の海』の上映会です。いまの日本では報道されることのない、衝撃的な映像が収められています。報告会では、国際基督教大学3年生の元山仁士郎さんに、いまの沖縄についてお話を聞きます。

日時:1月31日(土)午後の部 13:30
場所:三鷹市 消費者活動センター(三鷹駅南口徒歩4分)

日時:1月31日(土)夜の部 18:00
場所:三鷹市 市民協働センター(三鷹駅南口徒歩10分)

詳細:http://www.labornetjp.org/EventItem/1420549950943staff01

P1030893

17日は新宿西口へあつまろう!

辺野古リレー ~辺野古のたたかいを全国へ
緊急抗議アピールと上映にご参加ください!

沖縄では、昨年おこなわれた名護市長選・沖縄県知事選・衆議院議員選において、基地に反対の姿勢を表明した候補が全勝しました。沖縄の市民が「もうこれ以上、米軍基地はいらない」とはっきり民意を示した直後であるにもかかわらず、安倍政権は工事強行の姿勢を崩していません。

辺野古のキャンプ・シュワブのゲート前では、工事資材やフロートの搬入を阻止するために、市民が24時間の監視体制を続けています。座り込みをしている市民の体力・緊張・疲労は極限に達しています。

辺野古リレーは、政府による沖縄の民意無視の暴挙を決してゆるしません。そのための緊急行動として、1月17日(土)に新宿西口で緊急抗議アピールと上映を行いますので、ぜひご参加ください!

日時:2015年1月17日(土)16時30分〜19時
場所:新宿駅西口 小田急前

辺野古リレー中継(ツイキャス) http://twitcasting.tv/chikapin1
当日、都合がつかず現地まで来られないという方は、上記のリンクから中継動画を配信しますのでご覧ください。多くの方に視聴してもらうことは、参加者を弾圧の危険から守ることにもつながります。

<主催>辺野古リレー 辺野古のたたかいを全国へ
ブログ:https://henokorelay.wordpress.com/
Twitter:https://twitter.com/henokorelay
E-mail:henokorelay★gmail.com (メールを送られる場合は、★を@にしてください)

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
以下の行動のチラシ配りや参加呼びかけもやります!当日もご参加ください。

◎沖縄県議会が辺野古断念を求める決議文で東京行動!
1・15 辺野古新基地建設断念を求める県議会議員団東京行動報告集会

日時:1月15日(木)18:00 開場 18:30 開始
場所:連合会館 2階大会議室
詳細:http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-11974630044.html

◎1.25 国会包囲ヒューマンチェーン
沖縄の民意を無視するな! 辺野古に基地はつくらせない!

日時:1月25日(日)14:00 リレートーク 15:00 ヒューマンチェーン
※終了見込み時刻は15:30です。
場所:国会周辺(国会正門向かいの通りから集まり、国会包囲を目指します)
詳細:http://noosprey.xxxxxxxx.jp/index.html

◎沖縄・辺野古「圧殺の海」上映会&報告会 in 三鷹
「戦争を許さない戦い」の最前線、沖縄・辺野古の新基地建設現場での海上の戦いを収めた記録映画、『圧殺の海』の上映会です。いまの日本では報道されることのない、衝撃的な映像が収められています。報告会では、国際基督教大学3年生の元山仁士郎さんに、いまの沖縄についてお話を聞きます。

日時:1月31日(土)午後の部 13:30
場所:三鷹市 消費者活動センター(三鷹駅南口徒歩4分)

日時:1月31日(土)夜の部 18:00
場所:三鷹市 市民協働センター(三鷹駅南口徒歩10分)

詳細:http://www.labornetjp.org/EventItem/1420549950943staff01

16日は防衛省前にあつまれー!

辺野古への基地建設を許さない実行委員会」より緊急抗議行動の呼びかけです。
ぜひご参集ください!!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
工事再開の暴力 ◆◇◆1・16防衛省前緊急抗議行動◆◇◆
============================
県民の総意「辺野古新基地建設NO!」を踏みにじるな!!
埋め立て工事を強行するな!!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★★辺野古が緊迫しています!浮桟橋の設置が始まりました!★★

日本政府・防衛省は〝基地建設NO!〟の県民の総意を無視し、辺野古基地建設のための工事再開を強行、浮桟橋の設置を始めました。

シュワブゲート前では24時間体制で資材搬入に抗議する県民を、これまでにない数の機動隊の暴力を使って排除し、けが人まで出ています。海では抗議するカヌー隊を海上保安庁が多数拘束しています。翁長新知事の3回の上京にも面会せず、民意を無視して工事を強行したのです。

このような日本政府・防衛省に対し工事を中止するよう、抗議の声を上げましょう。

13日に引き続き連続の行動となりますが、辺野古の闘いの大きな山場です。抗議申し入れ文・プラカードなどを持ち寄り、参加をお願いします。

●日時:1月16日(金)18:30~
●場所:防衛省前(東京都新宿区市谷本村町5?1)
JR・地下鉄「市ヶ谷」「四ツ谷」駅7分
http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/access.html

◎抗議文またはアピールするものを持ってきてください。

****************************
主催 辺野古への基地建設を許さない実行委員会
連絡先(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)090-3910-4140
http://www.jca.apc.org/HHK/NoNewBases/NNBJ.html
****************************